子供着付けの苦労話

子供着付けの苦労話

美容院で子供の着付けを行う場合は、七五三、習い事の発表会、十三参り、そして結婚式など予約の依頼があるわけです。

どんなハプニングが起きるか分からないので、予約の連絡があった時は大人の着付けよりも時間の余裕を考えて店に来てもらう様に言います。

美容院での子供の対応には何が一番困るかと言いますと、数人の子供の着付けの場合は特にですが、一人ずつ着付けを行う順番待ちの時間に店内を走り回ったり店の飾りや販売している小物類など触ってしまう事が多いですね。

大体、七五三の3歳、5歳児くらいの年齢の子供に多い行動です。着付けている子供本人も他に子供がいると、気が散漫になって着付け中に動く子が多いですね。

結構、子供は意外と一人なら大人しくて美容師の言うことも聞いてくれるのですが複数になると困ってしまい勝ちですね。

髪のアップもかなり大変です。とにかく子供はじっと座っている事が苦手なので、髪のセット時もカーラーで巻いてアームドライヤーに20分は入って貰うので、その間は美容師も工夫して子供用の雑誌や絵本を見せたり少しでもセットしやすい様に努力します。


でも一番の問題は、子供が騒いで店の置物を触っていても他のお客様の横を大声で走り回っていても子供の親が注意せず、知らんふりで雑誌を読んでいたりする態度に問題があるな、と思いますね。

さすがに、親が注意しない場合は私自身がある程度言いますが、モラルがなっていない親の行動にはげんなりします。

勿論、子供が騒がない様に色々と本やおもちゃを持参してくる気遣いのある親が多い中の一部ですが、美容師と共に親御さんも一緒に、子供の晴れ姿を気持ちよく仕上げる様に考えて貰いたいものです。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ