美容院に持参する物とは?

サイトマップ

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

髪飾りと帯飾り

着付けの髪飾りや帯飾りは購入する際、同じような透明のプラスチック箱に入っていていざ使う時、間違いそ見た目似ていますので、購入する際注意しましょう。
>>髪飾りと帯飾りの全文を読む

襟芯と足袋

美容院で着付けをする場合、準備する小物で一番忘れられてしまうのが襟芯ですが、この襟芯ですが、この襟芯をいれているのとそうでないのとでは、仕上がりが違います。
>>襟芯と足袋の全文を読む

帯板と帯枕

着付けで、美容師が一番着付け中に忘れてしまい勝ちなのが、帯板と枕です。しかし、帯板をつけていないと、きれいさが違ってきます。
>>帯板と帯枕の全文を読む

帯と帯締め

着付けで着物の次に拘って選ぶといえば、帯です。帯の選び方はまず着物毎に合う柄を重視しましょう。そして、帯の長さにも注意しましょう。
>>帯と帯締めの全文を読む

伊達締めと腰ひも

着付けを頼んだ時に用意する物として、よく忘れてしまうのが伊達締めと腰ひもです.。腰ひもは、できれば余分に用意しておきましょう。
>>伊達締めと腰ひもの全文を読む

着物(振袖・留袖など)と長じゅばん

美容院で着付けをして貰う場合には、自前の着物を着る時は、一式を店に持参しなければいけません。着付けして貰う日の2日から3日前には持っていきましょう。
>>着物(振袖・留袖など)と長じゅばんの全文を読む

草履と着物用バッグ

鼻緒の部分を自分の足に馴染ませておかないと、美容院で着付けされて、見とれるくらい綺麗になったお嬢さんが、店から出て行く後姿を見てげんなりしてしまう事あります。
>>草履と着物用バッグの全文を読む