色内掛け

色内掛け

私が美容師時代に一度経験した美容院での婚礼の支度で色打掛の着付け助手もしましたがその時の色合いは赤色がベースで大柄の衣装でしたね。

私自身の婚礼の時も、平安神宮内での貸衣装室で色んな種類の色内掛けを見て思案しましたね。値段も幅広くあって思案しましたが結局、一番"安値"の赤色ベースの内掛けに決めました。

平安神宮の衣装室担当の人と相談しながら思案していましたが、担当の人の意見では、色内掛けは値段がはった物は素材などが上級品になるのですが、結婚式の招待客は質などを重視する人もさほどいなくて、見るのは着物の色や柄で、あとは新婦の喜ぶ姿だと思うのです。

また写真撮影では値段の上下は余り関係無く安値の内掛けでも見栄えするものです、とのコメントでした。

結局決断は、新婦本人の気分で安値よりも素材に金糸など沢山入って豪華な内掛けが良いのならば高値の物を選ばれます、とのことでしたね。それを参考にして私自身の時は、その貸衣装室の色内掛けの中で一番安値を選んだわけです。

実際、着て写真撮影やビデオで映った内掛けを後日見ましたが、安値だからといって全く見劣りすることもありませんでした。

平安神宮では、天気の日ならば外庭で白無垢から色内掛けに羽織り代えるのですが、庭が参拝の観光客からも思いっきり見える場所なので観光で参拝に来た外国人の撮影の的にもなっていましたが、見栄えする色内掛けでしたね。

その時は平安神宮専属の美容師さんに全て着付けを任せたのですが、とっても見栄えして綺麗ですと褒めて頂いたのが思い出となっています。


結婚式の準備資金は大きいので、白無垢、色内掛けに関しての"見栄え"は実際着てみると値段の差は余り関係ないので、結婚準備で少しでも節約したいならば衣装でできると思いますね。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ