留袖

留袖

美容院での着付けで一年の内一番多い着付けの依頼と言えば、留袖の着付けだと言えます。留袖は二種類あって、黒留袖と色留袖があります。

留袖の由来は字のごとくで"袖を留める"意味で独身女性が着る振袖の長い袖を切る、つまり留めることから留袖を着る人は既婚女性の証ということなのです。また、"嫁いだ家に留まる"意味もあって留袖とも呼ばれるそうですね。

黒留袖は、代々伝えられる家紋が着物の袖や背中など5箇所に染められた物で、礼服用に着ます。この紋が多くなるほど格が上の意味があるそうです。主に結婚式の仲人、新郎新婦の親や身内が着ます

また、色留袖の場合は既婚者だけでなく、未婚女性も着る場面があって訪問着として略式の装いでも着ることができます。


留袖の帯結びは往々にしてお太鼓結びが多く、結婚式では二重太鼓という大きめの結び方をします。

ただ年齢の若い人の留袖の時はお太鼓でも"変わり太鼓"と言って、華やかな結婚式に適するリボンの様に見える帯型や、アシンメトリーに作る羽型、そしてお太鼓の下にひだをあしらった祝い太鼓などがあり、美容師の技量で色んなアレンジしたお太鼓結びをするのです。

着物にも色んな色合いや種類があるのですが、私が美容師時代に美容院の着付けの助手をしていた当時、不思議に思ったのは留袖だけはどの年齢層の女性が着ても似合う所です。

しかも着物の場合、痩せている人よりもお腹周りに肉付きの良いぽっちゃり型の人の方が見栄えするのです。

細身の人は胸と腰周りの補正で必ずタオルを巻きます。胸のグラマーな人にも大きさを押さえる為にタオルを巻きますね。要は着物の似合う体系は寸胴方の人が良いわけです。

留袖は色が黒という事からもスッキリとした印象になって色マジックによって誰もが似合うのかもしれませんね。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ