訪問着と附け下げ

訪問着と附け下げ

美容院では、様々な種類の着物の着付けをするわけですが、私が美容師だった頃着付けの助手をする時も訪問着と附け下げの区別が分からずに迷う事がありました。

簡単に区別を言うと訪問着の場合は、結婚式など格式のある場所へ出る際に色留袖として着ていく事ができます。附け下げはそれよりも、やや気軽な場所へ出る着物なので格でいうと訪問着の方が上となります。

訪問着は結婚式に招かれた場合、黒留袖の様に既婚者しか着られないのではなく、未婚者、既婚者どちらでも着用できるので、美容院での結婚式の着付けでは艶やかな色柄の訪問着が多いですね。


私自身も姉妹の結婚式や、友人の結婚式にも自前で正絹のピンク色の晴れやかな訪問着を着ました。

当時はまだ独身の20代でしたが訪問着ですと少々派手目の色合いでも人によっては30代40代、既婚後でも全く違和感無く着る事ができるので、活用する場が多い着物ですね。

何種類か自前で持っている人は着回しもできて着物の傷みも少ないので、訪問着は自前で持っておく価値は充分あると思います。


私の場合訪問着は一種しか持っていませんが、かなりのシーンで着ているので、何度同じ着物を着ていても逆に愛着感が湧いてこれから40代になっても、お正月の参拝などに着て行きたいと思いますね。

また訪問着は、着物を着た時に上から下に至るまで柄が繋がっている作りになっているのが特徴です。附け下げは、気軽なシーンから結婚式に着ても大丈夫ですが、どちらかというと子供の入学式や卒業式などに着て行くのが適していますね。


イメージ的には落ち着いたシーンには附け下げ、豪華なシーンには訪問着を着ると良いでしょう。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ