お宮参り

サイトマップ

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

「お宮参り」の記事一覧です。

神社参拝

お宮参りは昔の慣わしでは、男児は生後30日目、女児は31日目です。京都の平安神宮では、社務所に隣接して衣装部屋が用意されており、そこで着付けができるようになっています。
>>神社参拝の全文を読む

お宮参り体験談

お宮参りは生まれて100日前後を目処に神社に健やかな成長を願う意味でお参りをするのですが、100日目に祝う"お食い初め"と同時期にお宮参りをする人が多いです。
>>お宮参り体験談の全文を読む

検索ボックス


サブコンテンツ

TOPページリンク