お宮参り体験談

お宮参り体験談

私自身、27歳と30歳に二回子供のお宮参りに行きました。美容院での着付けはせずに、自宅で支度をしましたね。

赤ちゃんには、着物ではなく体をソフトに包む綿素材のおくる身を着せて、あとは私の母が仕立ててくれたレースのショールをその上から羽織らせて地元京都の平安神宮にお参りしました。

お宮参りの際多くは、赤ちゃんに着せる物として、白羽二重の内着とその上に女の子の場合は友禅で、男の子は羽二重の紋付を羽織らせて横抱きします。

お宮参りの時は往々にして母親が抱くのではなく祖母が抱いている光景が多いです。私の場合も両家の母親と一緒に参りました。

お宮参りは生まれて100日前後を目処に神社に健やかな成長を願う意味でお参りをするのですが、生まれて1ヶ月くらいはまだ首も据わっていなくて眠ってばかりなので、返って100日目に祝う"お食い初め"と同時期にお宮参りをする人が多いですね。

お食い初めとは、歯が生え始めてくる頃に固い物を食べられる健康な歯に成長して欲しいと願うお祝いで、祝いのお膳には蛸や石などを置きます。


お宮参りの私自身の装いも着物にしようかと思案しましたが、産後日数も経っていませんし体力的にまだ完全ではなく、おまけに授乳もあるので洋服にしました。大体は洋服ですませる母親が現代は多いですね。

しかしお宮参りに母親が着物を着たい場合は、無地の付け下げか気軽に着る訪問着が良いでしょう。お宮参りに行く理由で、美容院での着付けの予約もたまに入りますが、着物の衣装もつけ下げなど自前が無い人はレンタルする人が結構おられますね。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ