着付け助手体験

着付け助手体験

私は、勤務していた美容院で成人式、卒業式、七五三、冠婚葬祭、婚礼衣装の着付けの助手をしました。


着付けの予約時は、必ず先に髪のセットから入ります。成人式の時は式典の時間が決まっているので一度期に複数の髪のセットと着付けをしないといけないので、美容院内では戦場の様になりますね。

毎年成人式の予約があるのですが、その年によって予約の人数も違います。5人くらいだとかなり時間の余裕があるのですが、ある年は15人くらい予約が入って、それは大変でした。

1月15日成人の日の当日午前11時までに京都では京都会館で式典が行われていたので必ず間に合う様に全員終えないといけません。

予約の順番に来店して貰う時間を決めていきます。15人の年は店に一番目に来て貰うお客様は午前4時でしたね。

とにかく当日、順番に綺麗に早く仕上げていく思い一つで美容師は朝早くから起きて緊張一杯です。

髪のセットと着付けで小1時間はみないといけませんが、そうすると確実に時間が足りないのでこの年の場合は、髪のセットだけ前日に来られる人は来店して貰って予めカーラーで巻いてセットしやすい状態にしましたね、

また髪型の希望によって編み込み風のアップスタイルならば、前日からアップしておいても崩れにくいのでアップセットを完了させておき、当日は寝て崩れている所のとき付けで、時間短縮しました。


そして髪が完了した人から順番に着付けていくわけですが、先生の着付けの邪魔にならず少しでも早く完了する様に助手は常に肩に紐類をかけて、クリップは自分の服に引っ掛けておき、長い帯が絡みつかない事を気遣います。

助手自身が踏んで先生の邪魔をしない様に細心の注意をはらって工夫して小物を渡して助手していくのです。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ