振袖

振袖

美容院で振袖を初めて着付けて貰う機会と言えば、卒業式が最も多いと思います。

振袖とは、袖が現在の様に長いものではなく、昔は袖付けが短い着物全部の意味を表したものだったようです。現代の振袖は卒業式や成人式、結婚式に未婚女性が着るフォーマルな装いの着物とされて華やかな印象の礼装ですね。


振袖にも袖の丈に種類があって、大振袖と中振袖、そして小振袖に分かれており、多くは無難な長さの中振袖を着ます。

振袖によっては、結婚後に訪問着などで活用できる様に袖を切って仕立て直しができて、柄にも気遣った着物があります。

振袖は未婚者しか着ることができない由来があるので、結婚後"タンスのこやし"にするのは余りにも、もったいないですよね。

ですから、初めて振袖を購入する場合は、長年着ることができる仕様になっている柄などを選ぶのもコツだと思います。呉服屋の店員さんに詳しく聞いてみると良いでしょう。


美容院で勤務している時卒業式や成人式で、総金糸の織り込んだ振袖を着付けて欲しいと持参した女性がいました。

金糸が多い着物は超豪華に見えますが、美容院で着付ける時に感じた一番は"硬くて重い"感触でしたね。

母娘が一緒に呉服屋で気に入って仕立てて貰ったみたいですが、他の着物からすると派手さや豪華さでは見栄えしますが、色んな振袖を見てきた私個人としては品を考えてもどうか、と思います。

金糸が沢山織り込まれている物は着る本人も重いでしょうし、動く度にバリッと言う音が微かにする程、肌触りも他の正絹の着物と比べると良くなかったですね。

それぞれの好みなので自由なのですが、高価な着物を長く着たいと思うならば余り派手過ぎない柄や色合いを選ぶのも一つの考え方だと思いますね。

▼自分で着付けを覚えて、着付け代金の節約をしたい方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD

プロフィール

美容師

美容院で美容師として働いています。

着付けについても、お客様の成人式や卒業式など色々なシーンで携わっています。

レンタル貸衣装を借りるか、自前で着物を用意するかによっても違いますが、美容院で着付けをお願いする時に、最も気をつけなければならないのは、小物類の忘れ物が非常に多いという事です。

着物と帯以外なら、販売している店も多いですが、成人式や卒業式、初詣でなどのシーズンになると、ヘアメイクや着付けの予約が殺到しますので、店の買い置きのものが売り切れになる場合もあります。

足袋や腰紐、帯板、コーリンベルト、帯揚げ、襟芯などなど、和服は小物類が多いので、忘れずに持参するようにしましょう。

振袖

サイトマップ